ベジコンの意義

こどもは未来からの留学生。
彼らに、「食生活の大切さ」を伝えたい。

立ち上げの背景は、日本のこどもたちと日本社会の将来への危機意識

 

日本の食生活に関して問題有り

すでに、日本人の多くの人々が危機感を抱いていると思います。わたしたちの食生活が貧困になっています。和食がユネスコの世界無形文化遺産に登録されても、家庭や学校での食生活の大切さについての教育が脆弱になりつつあると考えます。

 

先進国の中で異例なほど食料自給率の低い日本
世界人口の増加と農地の限界、水問題、そして、化学調味料や農薬の問題から世界の食糧事情が切迫する可能性がでてきています。できる限り食料自給率を高めていくことが不可欠な課題となっています。

 

日本の農業の強化、特に若者の農への参加が急務であり不可欠
そのために、小さいころから、何らかの形で、楽しみながら“農”に関わらせることで、農業への関心を高めることにもなります。未来からの留学生を育てる基本は「食、および“農”」にあると信じています。

 

(野菜を)自分で育て収穫し、料理をして、家族みんなで一緒に食卓を囲んで食べる」これが、私たちの考える“食育“の原点です。

 

私たちはベジコンを、ひとつの解決策であると考えます。